2016年01月05日

石場建て(風)が建築基準法内でようやく位置づけされる

昨年は、MJK463ノートに何の書き込みもしないまま終わってしまった。
その反省でもないのだが、日頃の取組にも関係する興味深いパブリックコメントが出ていたので、それに関して。
内容はこうだ。

  「建築基準法の一部を改正する法律の一部の施行等に伴う関係政省令・告示の制定・改正案に関する意見の募集について」

  ・案の公示日: 2015年12月04日
  ・意見・情報受付締切日: 2016年01月02日
この中に建築基準法施行令で以下の石場建て、火打ちに関する要件が含まれている。 
(2)伝統的工法の利用促進のための規定の合理化
 @柱と基礎との接合方法として、国土交通大臣が定めるだぼ継ぎ等により接合する方法を追加することとする(第42条第1項)。
 A床組・小屋ばり組の変形防止方法として、火打ち材を使用すること以外にも、木板その他これに類するものを国土交通大臣が定める基準に従って打ち付けることを認めることとする(第46条第3項)。

「石場建て」というのは柱を礎石の上に載せて、その柱に横架材(足固め)を組んで軸組を固める方法。今まで基準法内では、一部の例外を除いては、必ず土台を設けなければならないという規定であった。
古くからある民家や町屋などでは土台を設けずに「石場建て」で建てられていた。そのため、基準法ができたときに土台の設置を規制したことによって、それまでの建物のほとんどが既存不適格(法律ができたことによって、法律に適用しなくなってしまう状態となってしまう建物)になってしまった。 
isibadate-280-001.jpg 
 ■続きを読む
posted by 太郎丸 at 19:36 | Comment(0) | 伝統構法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

木造架構の一つの型

s2011_0225_ 001.jpg

s2011_0225_ 036.jpg
「伝統構法」の定義はなかなか難しい。「これが伝統構法だ」と言った途端に「そんなもんは本物やない!」と言われてしまうでしょう。
「本物の伝統構法はこれや」と標榜する方々も世に実に多いですし、技術を受け継ぎ、工夫し、人も育ててもいます。つくづく日本の木造は多様ですごい世界なのだと思います。

差鴨居、通し貫、石場立てと古い民家などにある要素技術を並べ、その要素を集合させて構成したものであれば伝統構法と言えるのか、はなかなか難題です。とは言いながら、それらの要素がちゃんと用いられていることは、その部分から見た場合には、やはり伝統構法的にはなるだろうと思えます。
 ■続きを読む
posted by 太郎丸 at 12:41 | Comment(0) | 伝統構法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

2011年は伝統構法の震動台実験でスタート

12/13の今日、来年1/20に公開される伝統構法の震動台実験見学申し込みの募集が行われた。300名の見学定員であったが、午前10時受け付け開始で、午後11時35分には定員に達するという注目度の高さだ。

兵庫のEディフェンスで行われる「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験検討委員会」の実験では、それぞれ目的を持った4種類の試験体が造られている。
年明けの1/6から3週に渡って毎週震動台実験が行われる。そのうち公開されるのは、試験体4と呼ばれる石場立てで土塗り壁の4間×6間の総2階建て。
  
 ■続きを読む
posted by 太郎丸 at 20:13 | Comment(0) | 伝統構法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

「筋交い」は伝統構法の要素と考えてよいのか?

町で見かけた在来工法住宅筋交い(すじかい)は軸組みを固めるために取り付ける斜材です。
筋違いなどとも書きます。これは素直に読むと「すじちがい」となりますが、こういった表現で用語としては用いられています。
その姿から考えると「交」の文字のほうがその形を示していると言えそうです。ただ、「すじ」が「ちがう」といういうのも軸組みのタテヨコの構造材の構成に対して、斜めと向きの違うことから考えると筋が違うというのも理にかなった言い方のようにも思われます。
 たすき掛け筋交い:町で見かけた在来構法の住宅

建築基準法施行令第45条(筋かい)、第46条(構造耐力上必要な軸組等)、告示第1460号(木造の継手及び仕口の構造方法を定める件)にその材料や留め付け方などを示した仕様があります。四角形の対角線に斜材を打ち付ければ、その軸組みは歪みにくくなり、壁としての耐力を確保できるという機構です。三角形不変の法則というわけです。
  
 ■続きを読む
posted by 太郎丸 at 19:48 | Comment(0) | 伝統構法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

伝統的木造軸組構法住宅の耐震性能検証実験の報告

 平成21年6月23日(財)日本住宅・木材技術センターのホームページに「伝統的木造軸組構法住宅の耐震性能検証実験の報告」と題して、3カ年計画の1年度目の報告記事があります。
このページからは報告書の全頁がダウンロードできます。

 残り2年間で伝統的木造軸組構法住宅の設計法を作り上げていくミッションです。地域や個人によっても多様な捉え方をされる伝統的構法を整理し、時間的にまとめ上げていくことは容易なことではありません。
 複数の委員会、TT(タスクチーム)には研究者とともに設計あるいは施工、林業に携わる実務者も含まれていますが、今までにあまりなかった委員構成で、画期的と言えるものでしょう。有効に機能することが望まれます。
  
 ■続きを読む
posted by 太郎丸 at 17:00 | Comment(0) | 伝統構法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

「伝統構法」の議論が熱くなってきた

伝統構法の見直しが始まっている。何を見直すのか?
そもそも、伝統構法とは何であるのか。私自身も「伝統構法」あるいは「伝統的構法」という言葉を用いながら、木の家づくりの仕組みを表現しようとしています。

木の特性を捕らえながら、長所は活かし、欠点は補い補完しながら木を扱う職人たちによって受け継がれている技術、それを支える彼らの技能と感性、そして経験で裏打ちされた信頼。

社寺の流れもあれば、民家や町屋の流れもあり、それらに類似している要素もあれば、まったく異なる要素もあり、建築をつくる背景や支える空間規模、機能が異なれば、木の使い方やその構成の方法も変わるのは必然なのです。
2005_0626_193s-unnojyuku.jpg2003_0802_030s-onojyuku.jpg
 海野宿(長野)小野宿(長野)
 ■続きを読む
posted by 太郎丸 at 18:35 | Comment(0) | 伝統構法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする