2014年08月31日

「戦後日本住宅伝説−挑発する家・内省する家」展(埼玉県立近代美術館)

ss-2014_0830_0002.jpg

ss-2014_0830_0021.jpg
ちょうど、学生時代に読んだ建築雑誌に掲載されていた「住宅」も含まれている表記の展覧会が埼玉県立近代美術館で開催されていた。16人の建築家の16の住宅作品。最終日の前日の昨日、見に行ってきた。

一番最初が、1953年の丹下健三の「住居」。これは自邸で1階はピロティ、2階が居住スペース。ちょうど同年には広島平和記念館も竣工している。コルビジェのテーゼを具現化していた時代だ。日本的なる造形表現としても見事な作品。年代の最後が、1976年の「住吉の長屋」で、今をときめく安藤先生の代表作。

その時代を代表する住宅作品で、好き嫌いで言えば、宮脇ファンであった私としては松川ボックスは好きな住宅。ボックスシリーズのコンクリート躯体と木造のシステムの使い分けはとても興味深かい。納まりの細部にまで工夫が凝らされていて、宮脇さんの図面集は今でもたまに参照する。 
改めて、これらの住宅をまとめてみて見ると、とても自由に表現しようとしているし、それぞれの主張を鮮明に表出している。それらを生み出すためには、施主も含め、様々なことに対して格闘していたことだと思うのだけれど、一方で建築を「楽しく」していたように思える。右肩上がりの時代背景でもあったということもあるのだろうか。
ss-2014_0830_0011.jpg夏は暑いし、冬は寒いというような住宅も多いのだけれど、それにもまして、そこでしか得られない空間が作り出されている。
昨今の省エネだ、断熱だなどということは、基本的には住まい手に任せておけばよい(もちろん専門的助言はしますよ)ことだと思うが、省エネ基準を義務化するなどという法律ができてしまう。(正しくは、もうできている)
次の東京オリンピックの年に住宅規模(300平米以下)の建築にも規制を義務化する流れとなっている。
法の目的に対する実質的な実効性が少ないことが分かっていても、どうしてその方向で進んでしまうのか良くわからない。(見直す勇気を国交省には持っていただきたい) 
最近は規制が多くなり、どうも建築が窮屈な時代になってしまっている。「塔の家」や「住吉の長屋」は実現不可となってしまう。いや、そうではなく「格闘」することが世の中全体に無くなっているということなのか。

大きな展示パネルは写真可と、ありがたい計らい。その住宅を表す代表的な有名な写真ばかり。
模型も多くの大学の研究室で制作されていたが、丁寧に精度の高いものばかりで、1作品に複数の模型があったのは説明的で分かりやすかった。
特に、東さんの建坪6坪の塔の家は、その平面が原寸で床に描かれ、流し台が立体模型で作られていて、広さを想像しやすい展示をしていた。

今の目で見ると、この部分はどういう仕組みになっているのかなど、昔の本を引っ張り出して改めて確認しておきたい住宅も数棟あった。
建築はやっぱり面白い。
posted by 太郎丸 at 20:21 | Comment(0) | 家・建築のことなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。