2016年01月05日

石場建て(風)が建築基準法内でようやく位置づけされる

昨年は、MJK463ノートに何の書き込みもしないまま終わってしまった。
その反省でもないのだが、日頃の取組にも関係する興味深いパブリックコメントが出ていたので、それに関して。
内容はこうだ。

  「建築基準法の一部を改正する法律の一部の施行等に伴う関係政省令・告示の制定・改正案に関する意見の募集について」

  ・案の公示日: 2015年12月04日
  ・意見・情報受付締切日: 2016年01月02日
この中に建築基準法施行令で以下の石場建て、火打ちに関する要件が含まれている。 
(2)伝統的工法の利用促進のための規定の合理化
 @柱と基礎との接合方法として、国土交通大臣が定めるだぼ継ぎ等により接合する方法を追加することとする(第42条第1項)。
 A床組・小屋ばり組の変形防止方法として、火打ち材を使用すること以外にも、木板その他これに類するものを国土交通大臣が定める基準に従って打ち付けることを認めることとする(第46条第3項)。

「石場建て」というのは柱を礎石の上に載せて、その柱に横架材(足固め)を組んで軸組を固める方法。今まで基準法内では、一部の例外を除いては、必ず土台を設けなければならないという規定であった。
古くからある民家や町屋などでは土台を設けずに「石場建て」で建てられていた。そのため、基準法ができたときに土台の設置を規制したことによって、それまでの建物のほとんどが既存不適格(法律ができたことによって、法律に適用しなくなってしまう状態となってしまう建物)になってしまった。 
isibadate-280-001.jpg 
 ■続きを読む
posted by 太郎丸 at 19:36 | Comment(0) | 伝統構法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

2016年 ご来光 富士山を拝む

また、新たな一年が始まりました。
今年もよろしくお願いいたします。
ss-2016_0101_0060.jpg
 今年の初日の出は、入間金子地区の茶畑で拝みました。
 暖冬とは言っても、日の出前の気温は低く、濃緑色の茶葉の葉も霜で縁が白くなっていました。

日の出時刻は6時50分ごろ。
その少し前に、加治丘陵の桜山展望台で新年のあいさつをする声(たぶん市長さん?)が遠くに聞こえました。
ss-2016_0101i_0001.jpg
 この場所からは富士山も拝め、その左側の雪の斜面がうっすらとピンク色に染まりだし、展望台からも「ウオー」と歓声が聞こえてくると、地平線(といっても建物)の縁が徐々に輝きだし、ご来光。

陽の光が暖かいのを実感し、
今年一年の様々を祈念して合掌。
posted by 太郎丸 at 10:00 | Comment(0) | MJK463ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする