2012年07月09日

いるま環境フェアでのアンケート・・・住宅の寿命は30年?

2012_0617_ 017-02.jpg

「環境」をテーマに市民団体や地元事業者、公共団体が日ごろの取り組みや提案を行う第1回いるま環境フェア(6/17)が産業文化センターで開催されました。
入間市では市民が中心になって参画した企画ごとが年間を通じてコンスタントにあるように思います。
他の町との比較をしているわけではありませんので、多い少ないは?ですが、今回の環境フェアはそのような企画の中でも、市民活動団体だけではなく、事業者も同じ場所でパネルや造形物でその取り組みを発表できたことは今までにない画期的なこと思われます。

当事務所でも日ごろの設計活動である「長寿命の木の家いえづくり」の実施例をパネルや模型、印刷物で展示しました。
・丈夫で、長持ちを実現できる家づくり
・今の住まいを孫子の代まで住み継ぐように愛着を持って
というお話をさせていただきました。
ブースを訪れていただいた方々にアンケートをお願いしました。
「あなたのお住まいは築何年以上ですか?」という問い掛けボードに、該当部分にシールを張っていただくという趣向です。その数からは、統計資料にまではならないものの、傾向があるように思えました。
2012_0617_ 027-3.jpg

「築30年以上」より新しい家が今回は多かったということがはっきりと見て取れます。「築30年」というのはいろいろと考えさせられる時間です。
・家庭内で世代が変わる時間。
・統計上で家の寿命とされるおおよその時間。
・耐震診断の法的目安とするタイミング・・・1981(昭和56)年に新耐震基準

10年後には、そのままプラス10年に移行してくれることが望ましいと考えますが、果たしてどうなりますでしょうか。
  
 ■続きを読む
posted by 太郎丸 at 11:56 | Comment(0) | 家・建築のことなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする