2011年05月21日

参議院行政監視委員会【2011.05.23】に注目!

2011-0523sangiin.jpg来週の月曜日(2011.05.23 13:00〜)に開催予定の参議院行政監視委員会は注目したい。
案件は、行政監視、行政評価及び行政に対する苦情に関する調査(原発事故と行政監視システムの在り方に関する件)について。
参考人は、
 小出裕章・京都大学原子炉実験所助教
 後藤政志・芝浦工業大学非常勤講師
 石橋克彦・神戸大学名誉教授 
 孫正義・ソフトバンク株式会社代表取締役社長

原発事故発生直後にはマスメディアへの登場はほとんどなかった研究者や技術者でそうそうたる面々。
孫氏以外の3氏はネットメディア上では地震発生直後から事故への危険信号を発信し続けていた人達で、不幸にも彼らの危険予測の状態がいまだに推移している。もともと彼らは原発に対する危険性を専門性の立場から客観的に指摘し続けていた。
参考人としての意見陳述で語られるであろうことは、事故が起こってから聞く話では本来ないものだ。
事故を起こさないために何を考えなければいけないのかを発信し続けていた彼らにとっては今回の事故は無念であったと思う。

残念ながら予防や防災ということはその結果が見えにくい。危険なことが起きたときに回避するための方策であってもそれを評価することが忘れがちになってしまう。
偶然にも危険が回避されたのか、対策の結果で回避されたのかを見つめなおすことをせずにそのままにしておいた結果、次の危険に対応できるのかどうかの判断の機会を逸してしまう。これは、原発に限ったことではなく、あらゆる事象についても同様のことだろう。

原発反対を唱えることはできるが、今までもその恩恵を享受しつづけている。彼らの真摯な言葉に耳を傾け考えることをしないできた今までを振り返ることなしに次に進むことは避けたい。

月曜の委員会は参考人陳述に対する政治家の質問に注視したい。
当日、直接審議中継を見れなくともアーカイブで1年間(以前は3年間だった)は閲覧できる。
政治家の資質は、危機に直面したときに見えてくるものだと思っている。現状への政治家としての認識がむしろ問われる。

参議院インターネット審議中継
 http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
・アーカイブ http://urx.nu/26G

 ■続きを読む[05.25追記]
posted by 太郎丸 at 12:11 | Comment(0) | 3.11以降のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

『予言の書』の通りの現実になってしまった福島原発

20世紀少年という漫画に『予言の書』というものが出てくる。子どものころに草むらの中に作った秘密基地で主人公たちが描いた空想が、彼らが大人になったときにその予言の通りの惨事が次々に引き起こされるといった筋書き。その犯罪の首謀者は主人公の小学校の同窓生という展開。

この設定の子どものころというのは主人公が小学校の高学年で大阪万博のころのことだった。1970年に「人類の進歩と調和」をテーマに掲げ、戦後から完全に立ち直ったとする日本の象徴的なイベントだった。私もこの主人公たちと同様の時代を体験している。確か、美術の工作で、カラーのアルミ板を使って太陽の塔を作った記憶がある。ここでは20世紀少年のことを書こうとしている訳ではないけれど、自分の育ってきた昭和という時代、時間の中でさまざまなことが起きていて、それが現代に問題として顕在化してしまった要因となっていたことが、今の定点から見ると具体的につながりが分かってきた。
  
 ■続きを読む
posted by 太郎丸 at 23:31 | Comment(0) | 3.11以降のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする